東 智己

保持資格

理学療法士

経歴

高校卒業後、理学療法士を目指すために愛知県のリハビリテーション専門学校に入学。

 

同時に、東海地区最大級のスポーツジムでアルバイトをしてトレーナーとしても勉強を開始。

 

理学療法士免許を取得後、整形外科へ入社し、小児~高齢者、アスリートをも対象にリハビリテーションを実施。

 

入社5年目となり、現在に至る。

プロフィール

・専門

機能改善

リハビリテーション

パフォーマンス向上

スポーツ障害

ただ鍛える、痩せるだけでなく、日常生活やスポーツの場面で正しい身体の使い方も上達するようなトレーニングを提供。

 

・趣味

スノーボード

YouTube

映画鑑賞

 

・生年月日:1996年7月8日

・所在地:豊田市

理学療法士の経歴を活かして機能改善と筋トレを丁寧に指導します

私は、現在も整形外科にて様々な患者様を対象にリハビリテーションをしております。

 

身体機能には、「正しい使い方」と「誤った使い方」があります。

 

身体の動きというのは、小児から高齢者に至るまでの成長により、様々な影響を受けて独自の動き方が完成します。簡単に言えば、癖のようなものです。

 

この癖が、誤った身体の使い方をしている場合、障害を受けるリスクは当然高くなります。

 

「誤った動作を見抜けるかどうか…」

 

トレーニング中に、誤動作を見抜ける力がなければ、当然お客様に怪我を負わせてしまいます。

 

正直、YouTubeなどでトレーニング紹介や指導しているのを見かける時がありますが、トレーニングフォームをみれば、そのトレーナーの医学的知識や経験が薄いとすぐに気づきます。

 

私は、歩行や立ち上がりなどの基本的動作能力だけでなく、各スポーツにおける競技別動作の観察・分析を日々行い、誤動作に対してアプローチをしております。

 

この経験を活かして、トレーニング中のフォームや普段の姿勢、動作を評価し、各お客様に最適な指導を提供いたします。

 

楽しくトレーニングをしましょう!・・・なんてことは言いません!楽しくトレーニングするのは当たり前ですよ。

パーソナルトレーナーになって何がしたいか

はじめにパーソナルトレーナーの話の前に、少し理学療法士を目指したきっかけをお話しします。 

 

私は、高校生の時に、硬式テニス部に所属し部長をしていたのですが、最後の大会1か月前に右股関節を傷めてしまいました。その際、理学療法士の方にお世話になり大会出場に向けリハビリをしたのですが、その目標を達成することはできず、突然の怪我により大変悔しい想いをしました。『こんな想いを他の人にはしてほしくない。させたくない。』と思ったのがきっかけです。 

 

そして、整形外科に勤め、様々な患者様を対象に数多くのリハビリをしてきました。

 

理学療法士は、何らかの障害により身体機能・能力がマイナスになった方を再度回復させるためにサポートすることが役目です。しかし、障害の改善に伴い、スポーツや仕事等の復帰が可能になれば関わりはそこまでとなっておりました。

 

私は「一期一会」という言葉が好きで、人との関わりを大切にしているため、リハビリテーションが終了した後の人生にもお客様のお力になりたいと強く考えております。 

 

これがパーソナルトレーナーとなったきっかけの一つです。

 

もう一つあります。

 

それは、『障害を受ける前に出会えていたら…』ということです。

 

「障害を受けてから」ではなく「障害を受ける前」に出会うことで、さらにその方の生活の質(Quality of life)を向上させることができるのではないか、痛みや障害などで辛い思いをしなくて済むのではないかと思ったのがもう一つのきっかけです。

 

私のパーソナルでできること、、、

 

・『体を変えたい。痩せたい。でも、痛みがあるから運動できない。痛みがひどくなるから運動したくない。』という方でも、安心して運動ができるメニューを提供すること。

 

・詳細な身体評価をして、一人一人に最適なトレーニングを立案すること。

 

・身体の変化に伴い、正しい身体の使い方を獲得すること。

 

以上、長々とした自己紹介を読んでいただきありがとうございました!

 

トレーニング初心者!・健康な身体を作りたい!・スポーツパフォーマンスを向上したい!・ボディメイクしたい!・肩、腰、股関節、膝、足等々の痛みを無くしたい!

 

という方は、是非とも私と一緒にトレーニングをしましょう!